ここから本文です

【インタビュー】北川景子 “働くオンナ”の面白さに覚醒! 初医療ドラマで実感した挑戦の意義

cinemacafe.net 10/2(日) 13:30配信

息を呑むような美貌でも、女優という肩書でもなく、北川景子を形作っているのはド根性! 話を聞きながらそんな思いがよぎる。口調はクールビューティな外見そのまま終始落ち着いているのだが、口をついて出る言葉は昭和を感じさせるような“熱”を秘めている。

【画像】白衣姿の北川景子

「できないこと、やったことのないことをやれるようになる。それが人生のモットー」――。そう語る彼女が、女優としてここ最近、強く望んでいたのが職業ものの作品、働く女性の役柄。そこにやってきたオファーがWOWOW初の法医学ミステリー「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」だった。

処女小説「さよならドビュッシー」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した中山七里の法医学ミステリーを実写化した本作。内科医の研修生の真琴は、尊敬する内科教授・津久場(古谷一行)の勧めで法医学教室へ異動する。そこで、天才的な腕を持つ法医学教授・光崎(柴田恭兵)と出会い、解剖を通じて死者の声なき声に耳を傾けることになるが、その先には医学界の恐るべき闇が…。

医師役で白衣を着ることができて「嬉しかったです」と笑顔を浮かべる北川さん。

「これまで、職業系のわかりやすいコスチューム、制服を着るような役はあまりなかったので(笑)、やっと着られました。着慣れていないので、これでいいのかな…? 周りを見渡すと、古谷さんや柴田さんはすごく様になってるんですよ。まあ、私は新入りっぽい感じの役なので、それでいいのかと思いつつ、なんで皆さん、あんなに似合うんだ!? と思ってました(笑)」。

本作の撮影後には、先日まで放送され高視聴率を記録した地上波ドラマ「家売るオンナ」で不動産屋の営業女性を演じたが、本作を含め、こうした“職業系”の作品、役柄をやりたいと思った理由は?

「学生を演じるにはもう年齢を重ねてしまったし、かといって子持ちのベテラン主婦、不倫劇や離婚したシングルマザーを演じるにはまだ若いかな…(笑)? というのもあり、いま、自分に一番合っているのは、私自身が働く女性であるということも踏まえ、等身大の仕事をしている女性なんじゃないかと。これまで、きちんと仕事に徹している作品は実は『HERO』くらいしかやってなかったんですが、『HERO』をやって、職業ものって楽しい! と感じていたんですね」。

そんな中、オファーが来たのが職業系ドラマの中でも一ジャンルとして確立された医療ドラマ。

「いつか医者も演じてみたいとは思っていました。特にこの作品は、普通の医療ものとは違う、ミステリー要素を含みつつ、真琴が成長し、それによって光崎教授、津久場教授といった周りも変わっていくという人間ドラマがあり、そこが面白いと思いました」。

ちなみに北川さんにとっては、WOWOWのドラマ出演はこれが初めて。「ここ数年、共演するみなさん、特に年配の俳優さんが『WOWOWは本当にいいよ!』とおっしゃるのを聞いてて、是非挑戦してみたいという思いがあった」という。

「現場に入って最初は、慣れない現場に戸惑いもありました(笑)。普通の連ドラと違って、映画のように最初に台本を全て渡された上での撮影で、映画なら1冊ですが、今回は全5話分の5冊。それが全て揃っているということは、こちらで準備はできてないといけないということ。急に台本が上がってきて、準備が…という言い訳ができない(苦笑)! そこはプレッシャーでした」。

撮影は決して順撮りではなく、同じ廊下のシーンならば、第1話から5話までまとめて1日で撮影することも!

「あれ? いまは何話だっけ…? となることもありましたよ(苦笑)。実際、真琴はいろんな思いで廊下を歩くんですよね。最初は内科医として活き活きと歩いてますが、途中で不安そうになることもあったり…1日で5話分をまたぐってこんなに難しいものなのかと初めて知りました! 正直、『楽しい』と思える余裕はなかったですね。終わって全5話を見て『またやりたい』と思ったし、正直『いまなら慣れてもっと上手くできるはずだから、もう1回頭から撮り直したい!』という気持ちです。その後、『家売るオンナ』の撮影に入って、そこで初めて『ヒポクラテスの誓い』の現場で自分がいかに余裕がなかったかということに気づきました」。

もちろん、余裕のない現場でも吸収できたこと、刺激を受ける経験はたくさんあった。特に柴田恭兵、古谷一行らベテランの先輩俳優との共演は北川さんにとっては大きな財産となった。

「私が一番若くて、先輩方に囲まれた現場で、和気あいあいと楽しい感じの学園もののハシャぐような感じはないんですけど、こんなにいろんなことを学べる機会もないなってくらい、勉強させていただきました。芝居をしていないで待っているとき、どんな風に待っているのか? どんな会話をしてるのか? いままでどんな苦労をされてここまでやってこられたのか? お話いただいたこと全て、見るもの全てが勉強になることばかりで。自分が引っ張っていく現場とはまた違って、全てを吸収して帰りたいって思いで、貴重な現場を経験させてもらいました」。

もうひとつ、今回の作品、役柄を通じて改めて強く実感したことがある。

「自分で『こうあらなきゃいけない!』と決めつけ過ぎちゃいけないなと改めて感じましたね。真琴は『生きている患者を救うために医者になった』という思いで自分は内科医だと信じてるけど、法医学教室に行き、亡くなった人の本当の声を聴くことの大切さを学びます。それは最初の印象では『何者なの?』と苦手意識さえ抱いていた光崎教授と出会い、彼に振り回されながら苦労して得たものですよね。私も元々『苦労した先に何かを得られる』と考えるタイプですが、より一層、その思いを強くしました。今回の役と一緒に成長できた気がします。大変な現場こそ得るものが大きいんだと素直に思えたし、いままでも思ってきましたが、楽に感じる仕事を選んでちゃダメで、難しいことや初めての挑戦をどんどんやっていこうと。毎回、うまくいくわけじゃないけど、挑戦の大切さを改めて感じました」。

決して器用なタイプではない。「リラックスするのが苦手で、小さい頃から『もっと肩の力を抜いて』と言われてきた(苦笑)」と首をすくめる。

「撮影に入っちゃうと、家でもそのことばかり考えちゃうんですよ。取材なんかで『そのへんは、プライベートには持ち込まないタイプです』とか言ってるんですけど(苦笑)。結構、持ち込んでるなとこの作品をやってても思いました。家でもTVで医療のニュースとかやってるとハッと見ちゃったりして(笑)」。

器用にスパっと切り替えることができないならば、せめて逃げずに、少しでも役のためになればと不器用に正面からぶち当たり、悩み続け、そのときにできる全てを出し切ろうともがく。そうやって10年近く、女優として走り続けてきた。上手にこなすのが目的ではない。難しいことに挑み続けること――それこそが北川景子の存在理由。

「そこは性格ですね。勉強でも、一度解けたら次は出来ない問題に挑戦して克服していくことに意味があると思っていて。世の中、知らないことの方が多いですから、地道に知らないことを一個一個、経験していきたいですね」。

最終更新:10/2(日) 13:30

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]