ここから本文です

台湾、日本各地で大規模商談会 ビックカメラなど大手企業も注目

中央社フォーカス台湾 10/2(日) 17:29配信

(東京 2日 中央社)台湾企業約80社を集めた「台湾エクセレント商品及びパテント商品商談会」が先月26日から30日にかけて福岡、大阪、東京で開催された。東京会場には大手企業を含む631のバイヤーが来場し、受注額はこの日だけで254万3000米ドル(約2億5780万円)に上った。

同商談会の開催は今年で21回目。家電量販店、ビックカメラの関係者は、同社は消費者を引きつける新商品を常に必要としており、台湾はそうした商品を提供してくれると語った。このほか、商談にはマツモトキヨシ、ソフトバンク、イオン、バンダイなど幅広い業界の大手企業が参加した。

商談会を実施した台湾貿易センター(中華民国対外貿易発展協会、TAITRA)は今月7~9日に台湾製品の体感イベント「TAIWAN EXCELLENCE in TOKYO」を東京で開催。ゲストとして女優の藤原紀香さんが登場する。

(楊明珠/編集:杉野浩司)

最終更新:10/2(日) 17:29

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]