ここから本文です

福山雅治、自らスクープ告白!黒柳徹子とメル友に!

デイリースポーツ 10/2(日) 5:59配信

 俳優で歌手の福山雅治(47)が1日、都内で主演映画「SCOOP!」の初日舞台あいさつを行い、女優の黒柳徹子(83)とメル友になったことを明かした。作品のプロモーションでテレビ朝日系「徹子の部屋」に初出演し、黒柳とアドレス交換。思わぬ映画の副産物に笑顔が止まらず「すいません、徹子さん。話しちゃいました。うれしくて」と自らの“スクープ”を飛ばした。

【写真】福山雅治 幼いころからイケメンのエリート

 福山が自らの“スクープ”ネタを告白した。熱演した今作は、落ちぶれカメラマンの主人公が、二階堂ふみ(22)演じる週刊誌の新人記者とスクープを連発し、やがて思いもよらぬ事件に巻き込まれていく物語。自身に関する特ダネを聞かれた福山は「うれしいことがありまして…」と切り出し、妻で女優の吹石一恵(34)が第1子を妊娠したエピソードか!?と思わせたが、話は別の方向に転がった。

 「黒柳徹子さんとメールアドレスを交換して、割とメールを送らせてもらってます」

 福山は9月22日放送の「徹子の部屋」に出演。番組内で福山が勧めたSNS「インスタグラム」を黒柳が始め、1週間ほどでフォロワーが12万人を超えるなど評判だ。2人の間のメールでも話題のようで、福山は「インスタ始められて、そんな話もしたりして」と世代を超えた交流を楽しんでいる。

 デビュー時から福山は「オールナイトニッポン」のパーソナリティーと「笑っていいとも」「徹子の部屋」への出演を3大目標として掲げていた。最後の関門が「徹子」だったが、今作のプロモーションで完全制覇した。

 他にも日頃は“敵”である写真週刊誌「FLASH」の編集長と対談。街ブラ番組「夜の巷を徘徊する」でマツコ・デラックス(43)と初共演するなど、宣伝そのものが“スクープ”とも言える異色戦略で作品を印象づけてきた。

 客席からの“ましゃコール”に「モテとるな、今日も!!」と冗談めかした福山。全国248スクリーンの中規模公開ながら、配給の東宝は興収20億円を狙えるスタートと発表した。

最終更新:10/2(日) 6:47

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革