ここから本文です

成宮寛貴&黒木メイサ&北村一輝がシリーズ初主演!「世にも奇妙な物語」

cinemacafe.net 10/2(日) 16:30配信

1990年のスタートから26年にわたり様々なドラマを送り出してきた「世にも奇妙な物語」。この度、10月8日(土)に「世にも奇妙な物語 ’16秋の特別編」が放送されることが決定。主演には黒木メイサ、成宮寛貴、深田恭子、北村一輝を迎え、4つのオムニバスドラマと1本のショート・ショートドラマを放送する。

【写真】黒木メイサ/「世にも奇妙な物語 ’16秋の特別編」

本シリーズ初主演の黒木さんが出演するのは、「シンクロニシティ」という作品。ある日高校時代の友人、朱美と成人式以来の再会を果たす栄子(黒木さん)。すると、栄子と朱美の間には、驚くほど偶然の一致があることに気付く。それをシンクロニシティと呼ぶと聞いたその日こそ、12年前、高校でいじめにあっていた友人が自殺した日…2人のシンクロニシティはどこに行き着くのか…というもの。黒木さんは「26年も続いている『世にも奇妙な物語』の世界にまさか自分が入れるとは思っていませんでした」とコメント。プロデューサーは「偶然が何度も重なった経験をお持ちの方いらっしゃいますか? そんな奇妙な世界で大切なのは美女と悲鳴です。普段はクールビューティーだが、『奇妙』に一歩足を踏み入ると美しいまま叫ばずにはいられない、そんなギャップを演じていただける女優さんとして、黒木メイサさんにお願いしました。最後は絶叫です」と話しており、黒木さんの絶叫に注目せざるを得ない。

同じく初主演となる成宮さんは「貼られる!」に登場。人にレッテルを貼っていたエリートサラリーマン・椎名毅(成宮さん)が、ある日突然、人から貼られたレッテルが目に見えるようになることからドラマが始まる。成宮さんは「『世にも奇妙な物語』に出るならばこういう作品に出たいというこだわりがありました。まさに今回の作品がそれであり、タイミングもぴったり合い、今回初めて出演することになりました」と出演の経緯を明かした。また、本作には三倉茉奈や渡辺哲らも登場する。

さらに、過去2回本シリーズに出演している深田さんは、「捨て魔の女」に主演。深田さんが演じるのは女性アナウンサーの栞役。29歳にしていまだ泣かず飛ばずの彼女だが、ある日自分の大切なものを捨てた結果、良い仕事が舞い込んでくるという経験をする。それ以来、ひたすら捨てることにとらわれる女性を演じる。深田さんは「奇妙な世界観でありながら、誰しもが身近なこととして感じられるお話」と作品について語り、これまでの作品以上に、どこまで深田さんが自分を追い込んでいくのか楽しみだ。

そして最後、「車中の出来事」では、黒木さんや成宮さんと同様に本シリーズ初主演となる北村さんが出演。舞台のような緊張感とセリフの駆け引きが勝負となる難しくもユーモアのある作品で、列車の中で向かい合わせに座った3人の男の物語。麻薬取引に関わる大事件の真犯人がこの中にいるのか、いないのか、果たしてその結末とは――。キャストには、警察なのか組員なのか最後まで分からないキザな男を演じる北村さんを始め、そんなキザな男の敵か味方か最後の最後まで白黒はっきりしない猪首の男に杉本哲太、キザな男と猪首の男に挟まれ右往左往する優男役に古川雄輝が登場する。

なお、これに加え放送されるショート・ショートストーリーは、CMにて清涼で凜とした佇まいを見せる久保田紗友と、同世代の中で圧倒的な存在感を放つ山田杏奈を迎え、人工知能との掛け合いを描くようだ。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’16秋の特別編」は10月8日(土)21時~フジテレビにて放送。

最終更新:10/2(日) 16:30

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]