ここから本文です

池田勇太はまたも三好の72ホール目に泣く

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/2(日) 17:31配信

◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 最終日(2日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知県)◇7315yd(パー72)

トップ杯東海クラシック フォトギャラリー

池田勇太は目に涙を浮かべて、精一杯の言葉を絞り出した。「情けない…」。2位から出て「68」と通算15アンダーにスコアを伸ばしたが、18番でボギーをたたき、片岡大育とのマッチレースに敗れた。

片岡がバーディを決めた15番(パー5)でリードを失った終盤。池田は16番(パー3)、17番といずれもパーオンを逃しながらしぶとくパットを沈めて並走したが、最終ホールで力尽きた。1Wショットを右サイドの深いラフに曲げ、2打目でなんとかグリーン手前の花道にボールを運んだものの、アプローチで大きくショート。ボギーを喫し、4月「パナソニックオープン」以来の今季2勝目を逃した。

プロ1年目の2008年大会でマンデートーナメントから勝ち上がった池田は、この18番でラフからの2打目を池に入れて2位。09年大会も、左サイドから池に沈んで3位。そして昨年も単独首位で迎えた最終日に逆転負けを喫した。三好CCの勝利の女神は今年も微笑まなかった。

ツアー14勝の実績が、惜敗の傷を癒すはずもない。目にはいっぱい涙が浮かんでいた。(愛知県みよし市/桂川洋一)

最終更新:10/2(日) 17:31

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

なぜ今? 首相主導の働き方改革