ここから本文です

ブロードウェイミュージカル「アナと雪の女王」演出家が決定 2017年に試験公演

映画.com 10/2(日) 17:30配信

 [映画.com ニュース] 2018年春の開幕が予定されている、米ウォルト・ディズニーの大ヒットアニメーション映画「アナと雪の女王」(2013)のブロードウェイミュージカル版に、英演出家マイケル・グランデージが起用されたと米ハリウッド・レポーターが報じた。

 同ミュージカルは当初、アレックス・ティンバーズ(「ロッキー・ザ・ミュージカル」「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」)が演出を手がける予定だったが、今年8月に「クリエイティブ面での相違」を理由に降板が報じられた。

 グランデージは、ジョン・ローガンの戯曲を舞台化した「RED」でトニー賞を受賞したほか、ミュージカルは2012年のリバイバル版「エビータ」、ユアン・マクレガーが主演した2005年のロンドン・ウェストエンド版「ガイズ&ドールズ」などの演出を手がけた経歴を持つ。

 ブロードウェイ版「アナと雪の女王」にもオリジナル映画版のスタッフが集結。共同監督と脚本を務めたジェニファー・リーが台本を執筆するほか、大ヒット曲「レット・イット・ゴー」を含む歌曲を手がけたロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペスが、ミュージカル用オリジナル歌曲を新たに制作する。キャストは現時点では未定。

 なお、本公演に先立ち、17年8月から米デンバー・センター・フォー・ザ・パフォーミングアーツで試験公演が行われることになっている。

 グランデージの映画監督デビュー作で、コリン・ファースとジュード・ロウが初共演する「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」は、10月7日からTOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

最終更新:10/2(日) 17:30

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]