ここから本文です

先代九重親方のお別れの会に5千人…千春絶叫「千代の富士ーっ!」

デイリースポーツ 10/2(日) 6:00配信

 大相撲の元横綱千代の富士で7月31日に膵臓(すいぞう)がんで死去した先代九重親方(本名・秋元貢、享年61)のお別れの会が1日、東京・両国国技館で営まれた。

 会には歌手の近藤真彦、元プロ野球DeNA監督の中畑清氏ら関係者約1500人と一般の約3500人が列席。友人代表としてシンガーソングライターの松山千春が、「冥福は祈らないんだよ、貢。もう一回、立ち上がってくれよ。もう一回、オレたちに、あの雄姿を見せてくれよ」と、独特の“千春節”であいさつ。作詞作曲したテレビドラマ「千代の富士物語」の主題歌「燃える涙」を熱唱し「千代の富士ーっ!」と絶叫して別れを惜しんだ。

 部屋を引き継いだ元大関千代大海の九重親方は「国技館を使わせてもらって、師匠が一番喜んでいると思う」と、しみじみ。「献花の時に、これから私が引っ張って九重部屋を立派にしますと、手を合わせた気持ちが届いたんじゃないかと思う」と決意を新たにした。

最終更新:10/2(日) 6:59

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]