ここから本文です

【Good-bye キャセイB747】Fクラス上のコックピット、後方のカプセルホテル[フォトアルバム]

レスポンス 10/2(日) 22:51配信

羽田で羽を休めるB747の姿、またひとつ消滅---。キャセイパシフィック航空(CX)のボーイング「747-400」型機が、10月1日の羽田発香港行きCX543便で営業運航を終了。メインデッキ前方の2階へ続く階段に存在感があるが、後方には急傾斜の階段がある。これは……!?(写真24枚)。

[写真24枚]

同社のB747旅客機最終フライトを担った機体登録記号=レジ「B-HUJ」は定員359席。その内訳は、ファーストクラス9席、ビジネスクラス(メインデッキ)24席、ビジネスクラス(アッパーデッキ)22席、プレミアム・エコノミークラス26席、エコノミークラス278席。

1日のメディア公開時、まずはそのコックピットを観察し、「この直下にファーストクラスの客室があって、機首の先端までその客室が続いている……」という不思議な感じを覚えながら、後方へ。使い込まれたギャレー類を横目に、プレミアムエコノミー、エコノミー(3+4+3)と座席を見て、「ちょっと登るのがたいへんだけど、上がってみて」とクルーにうながされ、ハシゴのような階段を上がると……。

そこにはカプセルホテルがあった。「ここは、クルーが休む場所」とスタッフ。簡易2段ベッドが3つ、1~6の番号が振られ、ベッド上に枕・ふとん類がシートベルトにくくりつけられている。長距離便を担うクルーたちは、この狭い空間でしばし身体を休めていたという。

(付記)ポートサイド前方、客室ドア部機体側フレームにリベット止めされたプレートの情報

BOEING 747-467
SERIAL NO. 27595
A/C REGISTRATION NO. B-HUJ
OWNER Cathay Pacific Airways Limited
ADDRESS 33rd Floor, One Pacific Place, 88 Queensway,Hong Kong

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:10/3(月) 9:46

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。