ここから本文です

平嶋夏海がセミヌード挑戦 かつての同僚まゆゆに対抗心チラリ

東スポWeb 10/2(日) 14:12配信

 元「AKB48」で女優の平嶋夏海(24)が2日、都内で写真集「ナツコイ」の発売記念イベントを開いた。

 意外にもファースト写真集の今作は、今夏に北海道で撮影。T154・B88・W60・H88の肉感的ムチムチボディーを披露している。

 処女作にして果敢に挑戦したセミヌードが表紙に使われた。立てたヒザで自慢の巨乳のバストトップを隠しているショットは、AKBの渡辺麻友(22)がかつてリリースした写真集の表紙と似ている。

 平嶋は「まゆゆは服を着ていたけど、着ていないふうでした。(自身のは)本当に着ていないです」と対抗心をチラリ。「“はいてませんよ”ってなっています」とお笑い芸人・とにかく明るい安村(34)の持ちネタを引き合いに笑わせた。ただ「ちょっと(渡辺の作品に)似ちゃったなと思いました」と頭をかいた。

 同作を見せた両親には「おばあちゃんに持っていくのはやめようねと言われました」という。「大島麻衣ちゃん(29)からは『スケベだな』と言われました」と、AKB時代の同僚が目を丸くするほど超セクシーに仕上がった。

 平嶋は女優として活躍している。ヌードシーンの挑戦には「まだトップは出していない。出さなければ、大丈夫です」と役者魂を見せつけた。

 グループの卒業が確定的と伝えられているAKBの島崎遥香(22)には「一人でやっていくのは寂しいこともあると思う。でも、ぱるるは精神力が強いので、大丈夫だと思います」とエール。2012年にグループを卒業した第1期生はかつての後輩を激励した。

最終更新:10/2(日) 14:12

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]