ここから本文です

「世界の投資銀行」ランキング ゴールドマンが首位奪還

ZUU online 10/2(日) 11:10配信

アメリカの人材あっせん企業であるVaultが「世界の投資銀行ベスト50」を発表した。Vaultは投資銀行をはじめ法律事務所や監査法人など、エリートが集う業種の企業ランキングを毎年発表している。

トップ10にはゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなど日本でもその名をとどろかせる一流投資銀行が並ぶが、エバーコアなど日本ではあまり馴染みのない小規模な投資銀行や創業から10年足らずのセンタービュー・パートナーズが他の大手金融機関をおさえてランクインしている。日本からは唯一野村ホールディングスが39位にランクインしているが、昨年のランキングから大幅に順位を落としてのランクインとなった。

このランキングは世界85以上の銀行から選ばれた約3000人のプロフェッショナルへのアンケートをもとに作成されており、金融のプロから見た各投資銀行の評価を知るうえで非常に参考になるだろう。今回は世界で最も権威ある投資銀行のトップ10を紹介していく。

第10位 PJTパートナーズ

PJTパートナーズは財務戦略やリストラなどの企業再編に強みを持つ投資銀行であり、大手投資ファンドであるブラックストーンの金融顧問サービス業がスピンオフして誕生した。経験豊富なシニアバンカーがジュニアバンカーをしっかりとサポートする点など人材面での評価が高いが、小規模であるためリソースが不足しているなどの声も聞かれた。

第9位 モーリス&カンパニー

2007年に創業されたブティック型投資銀行。創業者のモーリスは業界でも指折りのバンカーとして知られる。小規模ながらデルのレバレッジド・バイアウトなど大規模なM&A案件にも名を連ね、ブティック型投資銀行でも成長著しい投資銀行である。高額な報酬や案件が多いことによる経験の蓄積が評価される一方、長時間労働のためワークライフバランス面での評価が低い結果となった。

第8位 ペレラ・ワインバーグ・パートナーズ

モルガン・スタンレー元副会長であるジョセフ・ペレラ氏などによって2006年に設立され、投資アドバイザリー業務や資産管理サービスを提供している。知名度の低さや責任の重さによるストレスがマイナス面として指摘されたものの、小規模であるがゆえに若手でもチャレンジングな仕事に挑戦できる機会の多さが評価された。

第7位 グリーンヒル・アンド・カンパニー

1996年にニューヨークで設立され、2016年で創業20周年を迎える独立系投資銀行。M&Aアドバイザリーサービスを専門に提供する投資銀行であり、トレーディングや金融商品の販売などは手掛けていない。責任のある仕事に挑戦できることや優良な顧客層などやりがいのある環境で高い評価を得たが、他の投資銀行と同じく長時間労働になりがちな点や若手に昇進のチャンスが少ないことなどがマイナス点となった。

第6位 バンク・オブ・アメリカ

グローバルにビジネスを展開する世界でも指折りの金融機関であり、リテールバンキングから投資銀行業務まで事業領域も多岐に渡る。リーマンショックの際に大手投資銀行であるメリルリンチを救済買収し、投資銀行業務を強化した。大手金融機関らしく人材育成が充実している点で高い評価を得たが、大企業ゆえに組織の複雑性を指摘する声もあった。

第5位 JPモルガン

世界屈指の名門投資銀行であり、投資銀行業務、プライベートバンクサービス、証券業務などありとあらゆる金融事業を展開している。日本でも一流投資銀行として知られ、就活生の間でも高い人気を誇る。従業員のモチベーションの高さや人材育成面で高い評価を得た。一方、仕事の要求水準の高さによるプレッシャーなど一流投資銀行らしい悩みも指摘された。

第4位 エバーコア

1995年に設立されたブティック型の投資銀行で、投資銀行業務に加えて資産管理サービスなども手掛ける。カルチャー面で高い評価を得たが、昇進が厳しいことなどがマイナス要素となった。

第3位 センタービュー・パートナーズ

2006年に設立され、M&Aアドバイザリーと企業再編に注力するブティック型投資銀行である。高額な報酬や優秀な人材が多いと評価する声が聞こえる一方、激務でワークライフバランスを考慮しない企業カルチャーを問題視する声もあった。

第2位 モルガン・スタンレー

ゴールドマン・サックス、JPモルガンと肩を並べる米三大投資銀行の1つであり、優秀な人材が数多く集まる。リーグテーブルでは常に上位に位置する名門投資銀行である。JPモルガンと同様に高いプレッシャーとストレスに晒される点が指摘されたが、一流の顧客や同僚と一緒に仕事ができる環境の良さが魅力だと思われているようだ。

第1位 ゴールドマン・サックス

世界最強の投資銀行といわれ、その報酬の高さで日本でも有名な一流投資銀行である。昨年はブラックストーンにおさえられ2位となったが、今年は1位に返り咲きとなった。社内政治などの問題点もあるが、業界トップクラスの人材が集まることや先進的なカルチャーで高い評価を得て、堂々の第1位となった。(アナリスト 樟葉空)

最終更新:10/2(日) 11:10

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。