ここから本文です

「プロなのに…」V逸の堀琴音は悔しさいっぱいの涙

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/2(日) 20:47配信

◇国内女子メジャー第3戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(2日)◇烏山城CC 二の丸・三の丸コース(栃木県)◇6506yd(パー71)

初優勝はいつ? 20歳・堀琴音のフォトギャラリー

目の前に広がったチャンスは、怖いもの知らずのアマチュアに奪い去られた。ツアー初優勝を狙った堀琴音は単独首位で迎えた17番で痛恨のボギーをたたき、通算3アンダーの2位で終えた。17歳の畑岡奈紗(ルネサンス高3年)に1打差で競り負けた。バーディを狙った最終18番をパーで終えると「情けないですね…」と目に涙を浮かべた。

流れは、堀に向いていた。「プレッシャーはなかった」と首位を2打差で追って出て、快調なプレーで飛ばした。単独首位だった15歳の長野未祈(千葉・麗澤高)が序盤で崩れると、堀は2バーディ、ボギーなしで回った前半で単独首位に立った。

突如、狂ったのはパットだった。「違和感はなかったが、ミスヒットだった」。70センチほどのパーパットを外した11番から連続ボギーとした。ツアー史上最長パー4の17番(490yd)ではパーオンを狙わずに3打目で勝負をかけたが、4mのパーパットを沈められずボギー。最終18番でバーディを奪った畑岡の前に力つきた。

「天才が1人来たと思った。勝つべき人です」と畑岡をたたえたが、「やっぱりプロとして負けるのは…。終わってみて感じるのはプロが優勝しなきゃということです」と悔しさをにじませた。(栃木県那須烏山市/林洋平)

最終更新:10/3(月) 11:35

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。