ここから本文です

イングランド代表監督に アーセナルのベンゲル監督が急浮上

デイリースポーツ 10/2(日) 6:03配信

 イングランド・サッカー協会(FA)のグレン最高幹部は30日の会見で「ベンゲルは代表監督の基準に完全に適合している」と発言し、空席となっているイングランド代表監督就任にラブコールを送った。

 同日、定例会見で代表監督の仕事に興味があるかと聞かれたベンゲル監督も「将来、いつの日かフリーの身になったら。当然のこと。ただ、いまはアーセナルに集中している」と答えた。これを受け1日、英国のメディアが一斉に報道。各ブックメーカーもオッズを変更し、本命のサウスゲート監督代行の「2倍」、ドイツ人のラングニック氏「3-4倍」に続き、ベンゲル監督を「4-5倍」の3番人気に上昇させた。

 ベンゲル監督は1996年に名古屋の監督を退任後、アーセナルを率いて1日で20周年を迎えた。現在のアーセナルとの契約は来年6月末までとなっている。(ロンドン・原田公樹)

最終更新:10/2(日) 7:11

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]