ここから本文です

台風と保険「窓の閉め忘れ、吹き込んだ雨で損害」は保障される?

ZUU online 10/2(日) 16:40配信

今年は台風の上陸が多く、各地で被害も相次いで報告されている。気象庁によれば、2016年の台風の上陸数はすでに6個(8月4個、9月2個)。過去10年間の年平均は0~4個だ。しかも、8月に4個の台風が上陸したのは、1962年以来54年ぶりのことである。各地が次々と台風に襲われたことが、数字からも読み取れる。

台風による被害が大きかった場合には、生活の基盤から揺るぎかねない。そんな時でも、できるだけスムーズに生活再建できるよう、民間保険で台風の災害にも備えておきたい。さらに、公的支援についてもチェックしておこう。

■民間保険 火災保険の補償内容を確認

どのような保険に入っているのか、まずは保障内容を確認しよう。保険の種類によって、補償範囲は異なることに注意が必要だ。保障範囲が広ければ安心だが保険料が高い。しかし、肝心な時に役に立たない保険では意味がない。もしもの時のための備えには、貯蓄と保険のバランスを考えて加入することがポイントだ。

補償内容のうち、台風被害に関係するものを見ていこう。

1.落雷
台風に伴った豪雨や雷に見舞われることもある。落雷で家屋が損傷、家電製品が壊れた等の時に補償される。

2.風災
暴風によって屋根が飛ばされた、飛んできたもので窓が割れて家財が損害を受けた等も補償の対象だ。ただし、窓を開け放していて、吹き込んだ雨で損害を受けても「補償されない」。台風の時は窓を閉めることを忘れずに。

3.水災
豪雨による洪水、床上浸水、土砂崩れは、水災補償をつけていないと補償にならない。保険料を節約すると、水災の補償をつけない契約を勧められることもあるので、注意が必要。

保険は、建物と家財に分けて契約し、損害があればそれぞれに補償される。契約の保険金額を上限に、損害額が算出される。自己負担額が設定されていれば差し引かれた金額が、受け取れる損害保険金だ。

「損害額-自己負担金額=損害保険金」

このような損害は滅多にあることではないかもしれない。だが、実際に被害にあった人達のうち何人が予想をしていただろうか。何も被害にあっていない時にこそ、しっかり準備しておきたいものである。

■公的支援制度 「被災者生活再建支援制度」

大きな自然災害が起きた時、国や自治体では被災者の生活を支援する制度がある。制度の対象となるのは、10世帯以上の住宅で全壊被害が発生した市町村等。対象の世帯は、下記の通りだ。(内閣府ホームページより抜粋)

(1) 住宅が「全壊」した世帯
(2) 住宅が半壊、又は住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯
(3) 災害による危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯
(4) 住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住することが困難な世帯(大規模半壊世帯)

支援金には、被害程度に応じて受取れる「基礎支援金」と住宅の再建方法によって金額が異なる「加算支援金」の2つがある。(単身者世帯は4分の3の金額)

■公的支援は他にも多数ある

公的支援には、主に下記の5種類である。それぞれの主な支援を挙げたが、知らなければ利用できないので、情報収集につとめたい。

1. 給付:現金を受け取れる支援
◯災害弔意金:災害によって死亡した人の遺族に支給
◯災害障害見舞金:災害によるケガや病気で重い障害が残った人に支給     

2. 貸付・融資:無利子または低利で資金を借りられる
◯災害援護資金:負傷または住居、家財の損害を受けた人
◯年金担保貸付:国民年金・厚生年金を担保に教育費や居住関係費が借りられる

3. 現物給付:住宅の応急修理、公営住宅への入居等
◯住宅の応急修理:居室、台所、トイレ等日常生活に必要な最小限度の応急的修理
◯特定優良賃貸住宅等への入居:市町村等が整備する住宅に入居できる

4. 軽減・免除:税金や子供の授業料の免除
◯高等学校授業料等減免措置:授業料・入学料等を減額または免除される
◯大学等授業料等減免措置:大学、短期大学、大学院、高等専門学校が対象

5. 猶予・延長:納税の猶予、税務申告の延長等
◯地方税の特別措置:住民税、固定資産税、自動車税など一部軽減や免除
◯国税の特別措置:所得税の軽減など
◯医療・介護の窓口負担の減免:保険者によって取り扱いが異なるため確認が必要

■保険金請求に必要なもの

公的支援を受けるには、罹災(りさい)証明書が必要になる。罹災証明書の発行は各自治体で行っていて、申請時には被害状況がわかる写真を添付するのが一般的だ。写真は、建物の全景、損害を受けた箇所、建物の傾きが分かるものを複数用意するとよい。

民間保険の場合でも、罹災証明書は必要だ。また、保険証券の原本は安全なところに保管しておきたいが、念のため、保険会社や証券番号は控えておくのが望ましいだろう。

甚大な被害でなくても、台風の暴風で屋根の一部が壊れて雨漏りしたり、アンテナが壊れてしまったりすることもある。修理には、民間保険の補償が対象になっていることもあるので、ぜひ利用して家屋の不具合は早々に修理しておきたい。

保険を利用した修理を得意とする業者もある。ためしに、筆者が「台風 修理 保険」をキーワードに検索をしてみると、多くのサイトがヒットした。せっかく保険料を払って加入している保険だ。いざという時に役立てるよう、普段から意識しておきたいものである。


タケイ啓子
ファイナンシャルプランナー(AFP)36歳の時に2人の子をつれて離婚し、大手生命保険会社に営業として就職。そ の後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを発症。現在はがんとお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FP

最終更新:10/2(日) 16:40

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。