ここから本文です

屋台激突 飯坂けんか祭り 若衆勇壮

福島民報 10/2(日) 10:01配信

 「飯坂けんか祭り」として知られる福島市飯坂町の八幡神社例大祭は1日夜、見どころの宮入りが行われた。
 午後7時、ご神体を移したみこしが御旅所(おたびしょ)を出発し宮入りが始まった。みこしとともに町名入りのちょうちんで飾った上町、滝の川、若錦、立綱(たちつな)、横町、梍花(さいはな)の6町の屋台が大勢の若衆に担がれ、温泉街を練り歩いた。
 神社に到着した6町の屋台は社殿の周りを回った後、太鼓を打ち鳴らしながら激しくぶつかり合った。詰め掛けた大勢の観衆は勇壮な祭りに興奮し酔いしれた。
 2日は午前11時から後鎮祭、午後5時半から千穐楽(せんしゅうらく)仕舞太鼓を打ち鳴らす。

福島民報社

最終更新:10/2(日) 11:12

福島民報