ここから本文です

【日本女子OP】17歳・畑岡奈紗が大会最年少でアマ初Vの快挙

東スポWeb 10/2(日) 16:35配信

 ゴルフの国内女子メジャー「日本女子オープン」最終日(2日、栃木・烏山城CC=パー71)、5位から出たアマチュアの畑岡奈紗(17=茨城・ルネサンス高)が5バーディー、2ボギーの68で回り、通算4アンダーで逆転優勝を果たした。

 49回の歴史でアマチュア選手が勝つのは史上初の快挙。17歳263日での優勝となり、宮里藍(31=サントリー)が持っていた大会最年少優勝記録(2005年、20歳105日)も更新した。

 畑岡は前半を1バーディー、1ボギーで折り返すと、後半に入り10、12、13番でバーディーを重ねて首位に浮上。16番のボギーで、一度は並走していた堀琴音(20=東芝)に首位を譲ったが、最終18番で難しい下りのパットを沈め、1打リードで後続の堀を待った。

 堀は17番でボギーを叩き、勝負の18番は6メートル以上あったバーディーパットを決められずにパー。その瞬間、最終組の結果を待たずに優勝が決まった。

 前日首位の長野未祈(15=千葉・麗沢高)は1バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの78と崩れて通算2オーバーの10位。昨年優勝の田仁智(22=韓国)は70と伸ばしきれず通算1アンダーで4位だった。

最終更新:10/2(日) 16:35

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。