ここから本文です

リブート版「宇宙家族ロビンソン」ロビンソン家の父と母、決定

シネマトゥデイ 10/2(日) 23:12配信

 Netflixで製作される1960年代の米テレビドラマ「宇宙家族ロビンソン」のリブート版で、ロビンソン家の父親と母親を演じる俳優が決まったとTVLineなどが報じた。

オリジナル版「宇宙家族ロビンソン」【写真】

 父親で宇宙物理学者ジョンを演じるのは「Black Sails/ブラック・セイルズ」でフリント船長を演じているトビー・スティーヴンス。科学者でもある母親モリーンは「ハウス・オブ・カード 野望の階段」でジャッキー・シャープを演じたモリー・パーカーがキャスティングされたとのこと。

 二人の長女ジュディは「フォーリング スカイズ」でエヴェリンにふんしたテイラー・ラッセルが演じることがすでに発表されている。

 リブート版は、地球出身の若い探検家の家族が宇宙で迷ってしまい、さまざまな苦難に直面しながらも協力しあって生きていくSF大作になるそう。10エピソードが製作され、2018年には配信予定。脚本は映画『ドラキュラZERO』のマット・サザマとバーク・シャープレスが担当し、「見えない訪問者 ~ザ・ウィスパーズ~」のザック・エストリンがショーランナー(現場責任者)を務める。(澤田理沙)

最終更新:10/2(日) 23:12

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]