ここから本文です

「美山錦」の稲穂刈り取る 榮川酒造など「立春朝搾り」原料に

福島民報 10/2(日) 10:06配信

 榮川酒造とJA会津よつば磐梯稲作生産部会などは1日、福島県磐梯町の水田で酒造好適米「美山錦」の稲刈りを行った。
 榮川酒造の「立春朝搾り」の原料にするため、5月に約40アールの水田で田植えをし、大切に育ててきた。宮森優治取締役が「米作りに携わった皆さんの思いを酒造りに生かしたい」とあいさつした。
 社員や部会員ら約50人が参加し、磐梯山を望む黄金色の田に入り鎌で丁寧に刈り取っていた。
 「立春朝搾り」は来年2月4日の立春に合わせて出荷される。

福島民報社

最終更新:10/2(日) 11:20

福島民報