ここから本文です

北海道余市町へ出発 若松市民訪問団 会津藩ゆかりの地

福島民報 10/2(日) 10:06配信

 福島県の会津若松市民親善訪問団は1日、昨年に同市と親善交流都市となった会津藩ゆかりの地の1つ・北海道余市町に向けて出発した。
 訪問団はゆかりの地を巡り歴史に理解を深めるとともに、さらなる交流を図るため毎年実施している。室井照平市長ら市民約100人が参加している。
 余市町は、戊辰戦争後に移り住んだ会津藩士が日本初のリンゴ品種「緋(ひ)の衣」を育てた地で、連続テレビ小説「マッサン」で話題になった。中学生の訪問交流も昨年から始まったことなどから訪問先にした。
 一行は2日に余市町に到着する予定で、会津藩士の墓を参拝し、緋の衣の原木を視察する。3日に会津若松市に戻る。

福島民報社

最終更新:10/2(日) 11:21

福島民報