ここから本文です

名護でなりやまあやぐ大会 新城さん最優秀賞

琉球新報 10/2(日) 14:00配信

 【名護】「第2回なりやまあやぐ大会inやんばる」(同実行委員会主催、琉球新報社、沖縄宮古郷友連合会、県北部地区宮古郷友会、宮古テレビ、沖縄宮古民謡協会、資源活用管理協会共催)が1日夕、名護市営市場広場で行われた。県内全域と東京、福岡、熊本、鹿児島から出場した26人のうち、予選を勝ち抜いた16人が本大会に挑み、本部町の新城早礼(さあや)さん(24)が最優秀賞に輝いた。北部地域に住む宮古出身者らが多く詰め掛け、会場を埋め尽くした。

 優勝した新城さんは声量のある伸び伸びした歌唱力と表現力で観客を魅了。歌い終わると拍手や歓声が上がった。新城さんは「賞は諦めていたのでうれしかった。宮古民謡ならではの三線の弾き方ができるよう心掛けた」と笑顔で喜んだ。

 開会セレモニーで、池間學大会長は「宮古の文化に誇りを持ち、やんばるでも普及させていきたい。沖縄を代表するイベントにしていきたい」とあいさつした。

琉球新報社

最終更新:10/2(日) 14:00

琉球新報