ここから本文です

【凱旋門賞】マカヒキ14着惨敗 日本調教馬史上初の快挙達成ならず

東スポWeb 10/2(日) 23:23配信

 日本が誇る最強世代のダービー馬マカヒキでも夢の扉はこじ開けられなかった。競馬の最高峰レース・仏GI「第95回凱旋門賞」(16頭立て)が2日、シャンティイ競馬場芝2400メートルで行われ、ルメール騎乗マカヒキ(牡3=友道)は14着に終わった。勝ったのは名手R・ムーア騎乗の4歳牝馬ファウンド(愛)。2着はハイランドリール(愛)、3着はオーダーオブセントジョージ(愛)で、1着から3着までをA・オブライエン厩舎が独占した。

 凱旋門賞と同じ舞台で行われた3歳限定の前哨戦GII「ニエル賞」を差し切り勝ちし、ドバイシーマクラシック覇者で現在6連勝中のポストポンド(アッゼニ騎乗)に次ぐ2番人気(JRAの日本国内向け販売は1番人気)に支持されたマカヒキは14番ゲート(馬番も14番)からスタート。スタートよく飛び出し3、4番手を進む展開。ポストポンドのすぐ後ろをマークして迎えた最終コーナーでは手応えなく、ずるずると後退。伸びず14着に沈んだ。

 この凱旋門賞には1969年にスピードシンボリが初挑戦して以来、日本調教馬は昨年まで延べ19頭(うちナカヤマフェスタとオルフェーヴルが2回)が挑戦。99年エルコンドルパサーと2010年ナカヤマフェスタ、そして12&13年オルフェーヴルの2着が最高だった。

最終更新:10/3(月) 1:54

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]