ここから本文です

盛岡大付 敗退も「わんこそば打線」で履正社苦しめる

デイリースポーツ 10/2(日) 13:41配信

 「岩手国体・1回戦 履正社10-6盛岡大付」(2日・岩手県営)

 盛岡大付は履正社と乱打戦を繰り広げたが、競り負けた。四回表終了時には9-1とコールドゲームの点差まで引き離されたが、ドラフト候補の履正社・寺島、山口コンビを相手に持ち味の強打で盛り返した。

【写真】先発も4失点…履正社・寺島はマウンドで険しい表情

 今夏の甲子園でも「わんこそば打線」として注目を集めた盛岡大付。聖地で2戦連発を放ち、高校通算53本塁打のスラッガー・塩谷洋樹外野手は「右手の腱鞘炎で試合前までバットが振れなかった」と言いながらも2安打1打点をマークした。

 高校生活最後の試合も打ち合いとなったことで「自分たちは打つことしかない。自分たちの野球が最後までできて良かったです」と納得の表情を浮かべる。今後は東北の大学に進学し、野球を続ける予定。「バットが木に変わりますけど、1年春からリーグ戦に出られるように。勝負強い、スラッガーになりたい」と語っていた。

最終更新:10/2(日) 14:00

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています