ここから本文です

比嘉愛未 琉球王朝の末えいだった 曽祖母が「あんた、知らないの?」と

デイリースポーツ 10/2(日) 14:23配信

 女優・比嘉愛未(30)が2日、都内で、主演映画「カノン」の舞台あいさつに、ミムラ(32)、佐々木希(28)らと登壇した。

 ストーリーにちなんで、司会者は「家族から聞いてビックリしたことで絶対ウケるネタを」とムチャぶり。キャストを代表して難題に応じた比嘉は「(地元の)沖縄に帰ったとき、101歳のひいおばあちゃんに、家にある紋章について聞いたら、『アンタ、知らなかったの?ウチは琉球王朝の末えいだよ』と言われて。すごいことなのに、つい最近知りました」と“衝撃の事実”を告白した。

 劇中のクライマックスでは、三姉妹役の次女・比嘉、長女・ミムラ、三女・佐々木が、クラシックの名曲「カノン」のピアノ三重奏を披露。ピアノ初心者だった比嘉は、「1カ月半、ピアノと友達で、毎日3~4時間練習してました」と猛特訓を振り返っていた。

最終更新:10/2(日) 14:27

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]