ここから本文です

篠原信一氏、子どもたちに呼び捨てにされる 爆笑柔道教室

デイリースポーツ 10/2(日) 15:49配信

 豊徳館野村道場開設80周年記念「野村忠宏杯少年柔道大会」が2日、奈良県の天理大体育館で開催され、同大OBで五輪柔道3連覇の野村忠宏氏(41)、シドニー五輪銀メダリストの篠原信一氏(43)、リオデジャネイロ五輪金メダリストの大野将平(24)が同大会内のイベントにそろって参加した。

 関西地区から集まった柔道少年、少女らを前に野村氏が「この人、誰か知ってる?」と尋ねると「しのはら~」と大きな声で返答。篠原は「呼び捨てはやめろ」とやって、爆笑を誘った。

 世界一流の実技指導に子供らはくぎ付け。篠原が大外刈りを見せるとど迫力に歓声。続いて大野は「本物の大外刈りを見せます。篠原先生のは引退して何年もたっているから、切れ味がない」と大先輩にダメだし。今夏、世界をうならせた技を見せ、極意を惜しげもなく伝えた。

 野村は背負い投げを実演。篠原から「野村、早すぎて技が見えん。ゆっくりやってくれ」と懇願される程、現役時代と変わらぬスピードで驚かせた。

 イベントの最後には大野が金メダルを披露し、子供らが殺到し、大混乱。続いて野村は「五輪の金ってすごいよね。でも僕はそれを3つ持ってるんです」と、3個の金メダルで圧倒。銀メダルを自宅に“マジ忘れ”した篠原は、メダルに見立てたどら焼きを食べるパフォーマンスで、笑わせていた。

最終更新:10/2(日) 17:23

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。