ここから本文です

アマ初メジャーVの17歳・畑岡「信じられない」 初々しく感想

デイリースポーツ 10/2(日) 16:22配信

 「女子ゴルフ・日本女子オープン・最終日」(2日、烏山城CC=パー71)

 5位から出たアマチュアの畑岡奈紗(17)=茨城・ルネサンス高3年=が5バーディー、2ボギーの68で回り、通算4アンダーで優勝した。アマチュアがメジャーを制したのは史上初。優勝インタビューでは「信じられないです」、「すごくうれしかったです」と初々しく心境を吐露。「まわりの方に感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいです」と今後の目標について語った。

 以下、優勝インタビューの一問一答要旨。

 -気持ちを。

 「信じられないです」

 -待つ状況の中、決まった瞬間の気持ちは。

 「すごくうれしかったです」

 -涙も出た。熱いものが込み上げてきたのでは。

 「そうですね。思い通りのショットができない時もあったので、そういうのを思い出しました」

 -最終日、素晴らしいゴルフだった。

 「16番の3パットとか、ちょっとうまくいかなかったですけど、18番は本当に良かったです」

 -難しい18番で上から決めた。

 「結構、下りが強いなと思ってたんですけど、ちょっとフックだったので、ラインに乗っけることだけに集中していました」

 -お母様とも喜んでいた。

 「タフなコースで(キャディーとして)4日間担いでくれたので、本当にありがとうと言いたいです」

 -トッププロの中でここまでできた。

 「JGAのナショナルチームでもたくさんトレーニングをしたり、コースの攻め方とかいろいろ教えてもらったり。あと、中嶋(常幸)プロにもいつもお世話になっているので」

 -ほかのアマの活躍も刺激になったのでは。

 「そうですね」

 -今後は。

 「まわりの方に感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいです」

 なお、17歳263日は宮里藍の20歳108日を塗り替える大会最年少優勝記録。また、平瀬真由美の20歳27日を更新するメジャー最年少優勝記録となった。

最終更新:10/2(日) 16:30

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革