ここから本文です

阪神・久慈の長女 「アニー」オーディション合格 孤児のテシー役に

デイリースポーツ 10/2(日) 18:36配信

 ミュージカル「アニー」(2017年4月下旬、東京・新国立劇場)の最終オーディションが2日、都内で開かれ、阪神タイガースの久慈照嘉内野守備走塁コーチの長女・愛さん(10)が、孤児のテシー役に選ばれた。

【写真】父・久慈照嘉氏は阪神の内野守備走塁コーチ

 愛さんは現在、小学校5年生。体育が得意科目と父譲りの運動神経を持ち、自ら希望してダンス教室に通い、大阪でミュージカルなどに出演経験を持つ。昨年は「赤毛のアン」にも出演。アニーには昨年に続き2度目の挑戦で合格した。

 父からは「自分の個性大事に頑張れ!」と、常に励まされているそうで、合格を知らされた父は「え~!」と驚いていたという。

 この日は記者に囲まれても堂々と対応した愛さん。「これからも、ミュージカルを続けていきたい。将来はピーターパンに出たい」と大きな夢を語った。なお、アニー役は野村里桜さん(9)、会百花さん(11)に決定。

最終更新:10/2(日) 19:11

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]