ここから本文です

明大・星が今季2勝目…3日にプロ志望届提出へ

デイリースポーツ 10/2(日) 19:18配信

 「東京六大学野球、明大8-4法大」(2日、神宮球場)

 明大はドラフト候補の最速154キロ右腕・星知弥投手(4年・宇都宮工)が、七回途中4失点で今季2勝目を挙げた。

 152キロを計測した直球の走りもまずまず。七回に四球と連打で3点目を失い、さらに1死満塁とされた場面で無念の降板となったが、打線の援護にも守られた。

 昨年まではほぼリリーフ専門で、本格的に先発を任されたのは今春から。「スタミナは問題ない。変化球でもストライクが取れるようになってきた」と、成長の階段を上がっている。

 3日には、チームメートの柳らとともにプロ志望届を提出する。「やるべきことをやるだけ。変化球の精度を上げていきたい」と、課題を挙げた。

最終更新:10/2(日) 19:36

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。