ここから本文です

【凱旋門賞】きょうのシャンティイは前残りの高速決着 2歳マイル戦で1分35秒85

デイリースポーツ 10/2(日) 22:05配信

 「凱旋門賞・仏G1」(2日、シャンティイ)

 高速決着となりそうだ。凱旋門賞デーの1Rで行われた2歳牝馬のG1「マルセル・ブサック賞」は、2番手のインから抜け出したビュイック騎乗のウェイダが制した。勝ち時計は1600メートル=1分35秒85。

 天気は晴れで馬場状態は良(BON)。2Rもブドー騎乗のナショナルディフェンスが逃げ切り。前日の開催後に仮柵が外され、前残りの傾向が強い馬場状態と言えそうだ。

 なお1Rには、前日に行われたアークセールでノーザンファームの吉田勝己代表が190万ユーロ(約2億1600万円)で落札したトゥリフォが出走。8着に敗れている。

最終更新:10/2(日) 22:31

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]