ここから本文です

【MLB】岩隈が5失点、マリナーズはPO進出の望み絶たれる

ISM 10/2(日) 16:16配信

 シアトル・マリナーズの岩隈久志投手が現地1日、地元で行われたオークランド・アスレチックス戦に先発登板。3回2/3を9安打、1四球、5三振、5失点の内容で勝敗はつかなかった。試合はマリナーズが延長戦の末、8対9で敗れ、ポストシーズン進出の夢が絶たれた。

 岩隈は、2対0とリードして迎えた3回、相手中軸のクリス・デービス外野手、ヨンデル・アロンソ一塁手に連続タイムリー二塁打を浴びるなど4失点。4回に再びタイムリーを許したところで降板となった。

 マリナーズは7回に指名打者ネルソン・クルーズの43号2ランで7対7の同点としたが、互いに1点ずつ取って迎えた延長10回、守護神エドウィン・ディアス投手がジョーイ・ウェンデル二塁手にタイムリーを打たれて万事休した。

 マリナーズはこれで、メジャー最多タイとなるシーズン116勝を挙げた2001年以来、15年間連続でポストシーズン進出を逃している。なお、青木宣親外野手は5打数2安打、1打点、1四球、1三振、1得点の成績だった。(STATS-AP)

最終更新:10/2(日) 16:16

ISM

なぜ今? 首相主導の働き方改革