ここから本文です

【連載】青SHUNコラム第124回『10/16 吉祥寺CLUB SEATAにて!えんじぇる☆ぷっち単独でライバル登場、飛び入り!?』

BARKS 10/5(水) 18:21配信

青SHUN学園 学園長&プロデューサーのSHUNです!
手術も終わり、ついつい喋ってしまいそうになる自分を押さえながら…
制作等は喋らずできるので、そういった作業を黙々とやりつつ、休養してる感じです。
喋っても良い期間に入ったらどう変わってるのか!?こちらのコラムでも紹介していきますので乞う?ご期待です!

◆【連載】青SHUN学園 SHUNの「青SHUNコラム」

さて今回は、青SHUN学園 派生ユニット、女子部からなる「えんじぇる☆ぷっち」の単独ワンマンLive&生徒会長 原田真帆の生誕Live、午後はぴゅあ娘メンバーあきちゃん&まりちょすの生誕Liveをご案内します。

来年の2017/1/9に、青SHUN学園 2回目となるZepp D.C.TOKYOでのワンマンLiveが開催されます!
前述した僕の声帯ポリープ手術も勿論の事、この日に照準を定めた行動なのですが…
それだけでは勿論ありません、どんどん仕掛けを作っていく中で、女子部にも磨きをかけ、力をつけていってもらわねばなりません。
が…そんな大切な大切なライブに、えんじぇる☆ぷっちのライバルが現れるという!
えんじぇる☆ぷっちは文字通り“可愛さ”を重視した女子だけのユニットなのですが、その中にいたのです、腹黒く、夢を邪魔してやろうとする悪魔が…

『ぶらっくえんじぇる★ぷっち』

詳細はまだ全く分かりませんが、折角のえんじぇる☆ぷっちの単独ワンマンLiveを邪魔しようとする刺客、えんじぇる☆ぷっちのメンバーは見事勝ち得る事が出来るのか!?

そんな命運を分ける単独ワンマンLiveはこちら☆★

『10/16(日)吉祥寺 CLUB SEATA』
【1部】
青SHUN学園主催
「えんじぇる☆ぷっち単独ワンマンLive!!~来年のZeppに向けて~」
時間:OPEN / 10:30 START / 11:00 END / 12:30 物販 / ~13:30
出演:えんじぇる☆ぷっち ゲスト:ぴゅあ娘
内容:来年の青SHUN学園単独ワンマンに向けた、女子部のえんじぇる☆ぷっちがパワーアップするべく挑戦する単独ワンマンLive。

【2部】
青SHUN学園主催
「生徒会長☆原田真帆の21st 生誕祭 in 吉祥寺CLUB SEATA」
時間:OPEN / 14:00 START / 14:30 END / 15:30 物販 / ~16:30
出演:原田真帆、青SHUN学園メンバー ゲスト:ぴゅあ娘
内容:生徒会長 原田真帆の生誕祭。

【3部】
ぴゅあ娘「あきちゃん生誕祭」
時間:OPEN / 17:00 START / 17:30 END / 18:30 物販 / 無し
出演:あきちゃん、ぴゅあ娘メンバー ゲスト:青SHUN学園
内容:ぴゅあ娘 あきちゃんの生誕祭。

【4部】
ぴゅあ娘「まりちょす生誕祭」
時間:OPEN / 19:00 START / 19:30 END / 20:30 物販 / ~22:00
出演:まりちょす、ぴゅあ娘メンバー ゲスト:青SHUN学園

《各部のチケット料金詳細》
?各部のみの場合:前売 2,000円(要1D)、当日 2,500円(要1D)
?1部(えんぷち)&2部(生誕)通しの場合:前売 3,000円、当日 4,000円(要2D)
?3部(あきちゃん)&4部(まりちょす)通しの場合:前売り 3,000円 当日 4,000円(要2D)
?1日全て4部通しの場合:前売 6,000円、当日 8,000円(要4D)

※二部通し券・一日通し券ともに、イベント物販などに手「前売りチケット」を販売中!

今まで青SHUN学園は学園長でプロデューサーの男が歌い、キワドルのカマ部が踊り狂い、アイドルの女子部がかわいく歌い踊り。。。という三位一体のコンセプトで活動してきました。

しかし、今年の11月に7年目へと突入するにあたり、各分野のカテゴリーが力をつけていかなければ来年のZepp D.C.TOKYOの単独ワンマンLiveなんて夢のまた夢なのです!

女子部の中学生~大学生メンバーが主な今回のえんじぇる☆ぷっち、この瞬間にしかない女子のキラキラ感+来年までの目標の夢に向かう彼女たちの渾身の全力ライブを、是非目に焼き付けてきてください!

たくさんのご来場をお待ちしております。

最終更新:10/5(水) 18:21

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]