ここから本文です

ベッキー、新ラジオ初回完走に安堵 意味深テーマに自虐も「私なんかに人生相談…」

オリコン 10/2(日) 2:00配信

 タレントのベッキー(32)が、10月1日深夜放送のJFN系列FMラジオ新番組『ミッドナイト・ダイバーシティー~正気のSaturday Night』(深0:00~)に生出演。ラジオの生放送は自身初の挑戦となったが、MCとして2時間の放送を無事に終えると「早かったですね…みなさんに支えられて、ここまで来ました。本当にありがとうございました」と胸をなでおろした。

 番組冒頭のMCパートでは、ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動に触れ、「今年の騒動で、お騒がせしました。ごめんなさい」と改めて謝罪。「すべての声を受けとめております。一歩一歩、歩んでいきたいと思っております。活動をお休みしている間に思ったこととか、気づいたこととか、学んだことなども、この番組にも活かせていけたらいいなと思っています」と率直な気持ちを打ち明けた。

 メッセージテーマが「私なんかに人生相談」と“意味深”なものになっていたことから、「スタッフさんが考えてくれたんですけど、すごいでしょ。このタイトル、おっしゃる通りです。私なんかに人生相談…」と自虐。リスナーから「いい人でいることに疲れた時はどうすればいい?」と直球の質問をぶつけられた際には「こんな時期に…」とタジタジになりながらも、「自分らしくいられる場所を作ってほしいなと思います」と前向きにアドバイスを送った。

 2月に休業して以降の8ヶ月間の過ごし方についても言及し、「テレビは、春過ぎから観るようになったんですけど、最初はEテレ中心でした。ずっと観ていたので、何なら出たいくらいです。ちょっと難しいだろうけど…」とポツリ。同じ事務所のお笑いコンビ・メイプル超合金へは「サンミュージックの顔として大活躍されていて、うれしい気持ちと本当にすみませんっていう気持ちもありつつ。お会いした時に、私の気持ちをお伝えしたいですね」と呼びかけた。

 番組の最後には「不手際もありましたけど、楽しかったです。皆さんともっともっとコミュニケーションを取っていきたいと思っていますし、自分の話もしていきたいと思っています」とコメント。今後のコーナー案として「ベッキーの生歌コーナー」や「週刊誌ナナメ読み」などをスタッフから提案されているようだが、「さすがですね。いろいろ持ってきますね…」と”騒動イジり”にも寛容な姿勢を見せていた。

最終更新:10/2(日) 2:29

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]