ここから本文です

照英、テレ東『元祖!大食い王決定戦』新MCに

オリコン 10/2(日) 19:10配信

 テレビ東京系人気番組『元祖!大食い王決定戦~世界をつかめ!炎の決戦~』が2日に放送され、20年以上にわたってMCを務め、4月3日放送の前回をもって勇退した中村ゆうじのマイクを、これまでも戦いの行方を見守ってきたタレントの照英が引き継ぐことが明らかになった。「全力で引き継がさせていただきます」と意気込んだ。

【写真】前任の中村ゆうじは涙の勇退

 番組プロデューサーは「2014年から予選の司会や本選の見届け人として番組で活躍し、誰よりも大食いを愛する男」と認め、照英にMCを依頼したという。

 テレビ東京の大食い競技番組は1989年からスタート。『TVチャンピオン』(1992年~2006年)時代や休止時期も含め、足かけ27年にわたって放送され、赤坂尊子、ジャイアント白田、ギャル曽根といったスターを輩出してきた。

 この日は、毎秋恒例の男女混合による「大食い最強戦」の模様を4時間ちかいボリュームで放送。本選は、昨秋の王者・鈴木隆将、春の女王戦を2連覇中の爆食女王・もえのあずきを含む、男女あわせて9人の大食いファイターが国内2試合を戦い、9人中5人がオーストラリアでの3試合の熱い戦いを繰り広げる。今大会の優勝者は“大食い王”の称号とともに、次回開催される「大食い世界一決定戦」への切符を手にする。

最終更新:10/5(水) 16:36

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]