ここから本文です

『メガネ ベストドレッサー』広末涼子&西内まりやらが受賞

オリコン 10/3(月) 22:08配信

 メガネが最も似合う各界の著名人に贈られる『第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』の表彰式が3日、東京ビッグサイトで行われ、女優の広末涼子が「芸能界部門・女性」、女優で歌手の西内まりやが「サングラス部門」を受賞した。

【動画】表彰式には及川光博、河北麻友子らも登場

 「メガネが大好き」と話す広末は受賞を喜びながら「役でも私生活でもメガネを掛けていきたい」と笑顔。西内も「サングラスが大好きなのでうれしい。30から40くらい持っていると思います。いつも玄関前に(サングラスが)置いてあって(決めるのが)朝の楽しみ」とほほ笑んだ。

 「芸能界部門・男性」に選出された俳優の及川光博は、ファンに同部門の受賞を約束していたといい「念願かなって光栄に思っております。ファンの方々も喜んでくれる」と感無量の様子。今後、メガネを掛けてほしい著名人として「特別賞」を受賞したモデルの河北麻友子も「とてもうれしい!」と目を輝かせながら「外したときのギャップもあるので、メガネが似合う男性はすてき」と話していた。

 そのほかの部門では、「政治部門」を河野太郎衆議院議員、「経済界部門」を三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長、「文化界部門」を落語家の春風亭昇太が受賞した。

最終更新:10/4(火) 12:22

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]