ここから本文です

剣豪・宮本武蔵と恋人お通の絵を披露 岡山・美作で武将画の正子さん

山陽新聞デジタル 10/2(日) 8:10配信

 武将画を得意とする岡山県玉野市出身のイラストレーター正子公也さん(56)=東京=が、同県美作市ゆかりの剣豪・宮本武蔵と、恋人とされるお通をそれぞれ描いた作品が完成し、武蔵武道館(同市今岡)で1日、お披露目された。

 作品はともに縦1・5メートル、横1メートル。手描きの下絵をパソコンで彩色した。「二刀流」で知られる武蔵は2振りの刀を手に、腰を落として前を見据える姿を雄々しく描いている。お通は武蔵が潜む山中で月夜に笛を吹く様子で、りんとした美しさが伝わってくる。

 武蔵の生誕地とされる美作市が、12月に欧州剣道大会が開かれるベルギーで、シティープロモーションの一つとして計画する「武将画展」で展示するため、正子さんに制作を依頼した。

 作品は8~25日、武蔵の里五輪坊(同市宮本)で開かれる正子さんの作品展(入場無料)でも飾られる。

最終更新:10/2(日) 8:10

山陽新聞デジタル