ここから本文です

踏切で列車と軽トラックが衝突 持ち主の男性死亡 佐賀

佐賀新聞 10/2(日) 10:35配信

 1日正午ごろ、佐賀県小城市牛津町上砥川のJR長崎線の踏切で、鳥栖発長崎行き普通列車(2両編成)と近くの自営業七田朗さん(84)の軽トラックが衝突した。七田さんは車外で死亡しているのが見つかった。JR九州によると、乗客27人にけがはないという。

 事故の影響で佐賀駅(佐賀市)-肥前山口駅(杵島郡江北町)間で上下線とも運転を見合わせ、上り線は午後1時半ごろ、下り線は午後2時50分ごろに運転を再開した。上り17本、下り21本で遅れや運休が生じ、約5千人に影響が出た。

 小城署によると、現場は警報機や遮断機が設置された踏切。衝突時に遮断機は下りた状態で、軽トラックは踏切内に止まっていた。列車の運転士は「軽トラックの向こう側に人影が見えた」と話しているという。

最終更新:10/2(日) 10:35

佐賀新聞