ここから本文です

ドルトムント、先発はヤングスターばかり 香川はレヴァークーゼン戦もベンチスタート

theWORLD(ザ・ワールド) 10/2(日) 1:03配信

22歳以下の若手を積極的に起用

日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは1日、ブンデスリーガ第6節でレヴァークーゼンと対戦する。

ドルトムントの公式Twitterによるスタメン発表で香川の名前はなく、レヴァークーゼン戦もベンチスタートとなる。香川は公式戦で3試合つづけて欠場する厳しい状況が続いている。

FWアドリアン・ラモスとDFマルク・バルトラはそけい部、MFアンドレ・シュールレは膝の負傷のため欠場。ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は先発にMFデンベレ、MFプリシッチ、MFヴァイグル、DFゲレイロ、DFギンターと22歳以下の選手を積極的に起用する。

キックオフは、日本時間2日1時30分の予定となっている。

発表された先発メンバーは以下のとおり。

ドルトムント
GK:ビュルキ
DF:ピシュチェク、ギンター、ソクラテス、ゲレイロ
MF:ヴァイグル、ローデ
MF:プリシッチ、カストロ、デンベレ
FW:オバメヤン

ベンチ
ヴァイデンフェラー
バスラック
シュメルツァー
シャヒン
香川
ゲッツェ
エムレ・モル

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/2(日) 1:03

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合