ここから本文です

快進撃の20歳カチャノフ、ツアー初の決勝進出<男子テニス>

tennis365.net 10/2(日) 14:18配信

成都オープン

男子テニスツアーの成都オープン(中国/成都、ハード、ATP250)は1日、シングルス準決勝が行われ、ノーシードから勝ち上がった世界ランク101位で20歳のK・カチャノフ(ロシア)が第6シードのV・トロイキ(セルビア)を6-3, 7-5のストレートで破りATPツアー初の決勝進出を果たした。

【錦織 カチャノフ戦「苦しい場面沢山あった」】

この試合、カチャノフはトロイキに1度もブレークチャンスを与えずに圧倒し、2度のブレークに成功して第1セットを先取。第2セットではサービスキープが続く中、第11・第12ゲームを連取したカチャノフが1時間22分で勝利した。

ツアー初優勝をかけて、決勝では第5シードはA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)と対戦する。ラモス=ヴィノラスは、同日の試合で第3シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)をフルセットで下して決勝へ駒を進めた。

カチャノフは、今大会1回戦で第7シードのJ・ソウサ(ポルトガル)、2回戦でA・マンナリノ(フランス)、準々決勝で第4シードのF・ロペス(スペイン)を破っての勝ち上がり。

男子テニス界の次世代を担う選手として、N・キリオス(オーストラリア)やA・ズベレフ(ドイツ)、西岡良仁(日本)らと共に今年の「ネクスト・ジェネレーション」に選ばれた注目の若手選手。

今年の全米オープンでは、予選3戦を勝ち抜きグランドスラム初の本戦出場。1回戦でT・ファビアーノ(イタリア)を下し、2回戦では錦織圭(日本)から1セットを奪うなど苦しめるも4-6, 6-4, 4-6, 3-6で敗れた。

tennis365.net

最終更新:10/2(日) 14:18

tennis365.net