ここから本文です

20歳のカチャノフが初の決勝へ [成都/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 10/2(日) 14:00配信

 中国・成都で開催されている「成都オープン」(ATP250/9月26日~10月2日/賞金総額94万7735ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、第5シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)がグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を7-6(6) 1-6 7-6(3)のフルセットの戦いの末に下して決勝に進出した。

 もうひとつの準決勝では、世界ランキング101位のカレン・カチャノフ(ロシア)が第6シードのビクトル・トロイツキ(セルビア)を6-3 7-5で下した。

予選突破の守屋宏紀は1回戦で元世界10位のモナコに敗退 [成都オープン]

 これで決勝は、28歳のラモス ビノラスと20歳のカチャノフの顔合わせとなった。ふたりの対戦成績は1勝1敗。3年前のモスクワではカチャノフが勝っているが、今年のイスタンブールの対決ではラモス ビノラスが勝っている。いずれもフルセットにもつれた試合だ。

 3人のシード選手を倒して決勝に進んだカチャノフは準決勝での勝利のあと、「決勝に進めるなんて素晴らしい気分だ。夢が現実となり、僕は初めてのツアー決勝を戦うことになった。シード選手たちを破って勝ち上がったことで自信がついた」と喜び、「明日は自分のテニスに集中し、コーチと立てたゲームプランを実践したい。精神面がもっとも重要」と決勝に向けて意欲を見せている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: CHENGDU, CHINA - OCTOBER 01: Karen Khachanov of Russia celebrates after winning the semi final match against Viktor Troicki of Serbia during Day 6 of 2016 ATP Chengdu Open at Sichuan International Tennis Centre on October 1, 2016 in Chengdu, China. (Photo by Zhong Zhi/Getty Images)

最終更新:10/2(日) 14:00

THE TENNIS DAILY