ここから本文です

23歳で“クルトワ以上の実力者“ アトレティコ史上最高のGKは80戦45失点のオブラクか

theWORLD(ザ・ワールド) 10/2(日) 13:50配信

アトレティコの堅守を支える絶対守護神

世界トップレベルの守備力を誇ると言われるアトレティコ・マドリードでは、ディエゴ・シメオネが植え付けた組織力やディエゴ・ゴディンらDF陣に注目が集まることが多い。しかし、GKヤン・オブラクの存在も見逃せない。

アトレティコは2014年夏に当時守護神だったティボ・クルトワを失った。ところが、オブラクはクルトワ以上の働きを見せていると言っていい。スペイン『MARCA』によると、オブラクはアトレティコで80試合に出場して45失点しか許しておらず、1試合平均の失点率はわずかに0・6だ。それに続くのは同じアトレティコに所属するミゲル・アンヘル・モヤで、42試合で30失点。失点率は0・7だ。対してアトレティコ時代のクルトワは155試合に出場して122失点で失点率は0・8となっている。

当然クリーンシートの割合もオブラクの方が多くなっており、出場80試合のうち61%が無失点となっている。対してクルトワは52%だ。もちろんアトレティコ全体の堅守があればこその数字だが、同メディアはオブラクがアトレティコ史上最高のGKなのではないかと伝えている。

スロベニア代表のオブラクはまだ23歳だ。クルトワより1つ年下と考えると末恐ろしい存在で、長くアトレティコのゴールマウスを守っていくことも可能だろう。チャンピオンズリーグではバイエルンを完封するなどオブラクを含めアトレティコの守備は非常に堅いが、オブラクの貢献度も見逃せないポイントだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/2(日) 13:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革