ここから本文です

ケルン戦のドローにガッカリのラーム「アトレティコ戦にも敗れ、今日は引き分け……」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/2(日) 14:00配信

バイエルン・ミュンヘンが勝利を逃せば、国内ではピンチだと囁かれてしまう。チームのリーダーであるフィリップ・ラームは、1日に行われたケルンとの試合を振り返っている。

チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節のアトレティコ・マドリード戦でも敗れていたバイエルンは、ケルン戦を1-1で終えたことにより、公式戦2試合連続で勝ち点を得られていない。当然ながらドイツ王者のリーダーはこの芳しくない状況を憂いている。独『Kicker』がラームのコメントを伝えた。

「今後、チームが取り組むべき課題は多いよ。攻撃に関しても守備に関してもだ。僕が見る限り、チームのやりたいようなプレイはほとんどやれていなかった。すぐに調子を取り戻さなければいけないね。僕らはいつも勝利してきたけど、アトレティコには敗北し、今日は引き分けに終わった。もちろん毎試合のようにベストパフォーマンスを披露することは不可能だ。チームは新たな体制となった。白星を望んでいたのは言うまでもない。僕らの本拠地で引き分けたんだからね。しかし首位にいることも事実さ。今後は悪い点を見直していく必要がある」

勝利とタイトルを義務付けられたチームだからこそ、引き分けという結果に決して満足しないラーム。この頼もしい男と共に、豪華なタレント軍団はすぐにでも復活してほしいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/2(日) 14:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報