ここから本文です

香川は4試合でたった20分! 独誌がドルトムントの“負け組4人”に選出「彼に希望はない」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/2(日) 16:00配信

好調なチームの波に乗れず

もはや香川真司がドルトムントを救うことは無いのだろうか。1日に行われたブンデスリーガ第6節のレヴァークーゼン戦では4試合ぶりに出場機会が与えられた日本のエースだが、その時間はたったの20分だ。苦境に立たされているそんな香川に対し、ドイツメディアは早くも失格の烙印を押しかけている。

国内リーグでは爆発的なゴールラッシュを披露し、欧州の舞台でも天下のレアル・マドリードと引き分けたドルトムント。知将トーマス・トゥヘルの下で順調なシーズンスタートを切った彼らだが、独誌『Focus』はその中にも“4人の負け組”が居ると指摘し、セルビア代表DFネヴェン・スボティッチやMFミケル・メリーノ、そしてトルコ代表MFヌリ・シャヒンらと共に日本代表の香川をその屈辱的なカテゴリーに組み込んだ。同誌は27歳の日本人MFについて、「彼は10番の役割を担うつもりで新シーズンを迎えたものの、この日本人が見せたプレイは芳しいものではなく、今はベンチに座っている。それ以降、彼はわずか一度しか試合に出ていない(レヴァークーゼン戦以前の時点)。もはや彼に希望はない」と辛辣に述べた。

今夏にバイエルン・ミュンヘンより復帰したマリオ・ゲッツェだけでなく、最近急成長を見せているクリスティアン・プリシッチや、攻撃的MFへのコンバートを成功させた22歳のラファエル・ゲレイロなど、香川が超えるべきライバルは多い。ベンチが定位置とされないためにも、香川には一刻も早く自身の価値を証明してほしいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/2(日) 16:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]