ここから本文です

元仏代表のピレスがヴェンゲルとの“最悪だった想い出”を語る「キレて彼の顔を見なかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/2(日) 19:00配信

UCLのバルサ戦を振り返る

アーセナルというクラブにおいて、ロベール・ピレスがアーセン・ヴェンゲルと共に成し遂げた偉業は永久に色褪せることはない。しかしながらそのすべてが美しかったワケではないようだ。

ティエリ・アンリにパトリック・ヴィエラ、そしてデニス・ベルカンプ。イングランドの名門アーセナルが誇る素晴らしいレジェンドたちと2003-04シーズンに無敗優勝を達成した元フランス代表のピレス氏が、同クラブへの就任20周年を迎えた恩師ヴェンゲルとの日々を回想。どうやら彼にとっては2006年のチャンピオンズリーグ決勝戦がキャリアでも最悪の一夜となったようだ。バルセロナと欧州王者をかけて戦ったこのゲーム。彼は前半18分にGKイェンス・レーマンが退場した影響により、ヴェンゲル監督から途中交代を命じられていた。世界中のフットボーラーが憧れるUCL決勝という舞台からたった18分で去ることとなったピレス氏が、仏『L'Equipe』のインタビューで当時の怒りを振り返っている。

「あの時、ピッチから去るように命じられたことは、まるで昨日の出来事のようにはっきりと覚えている。アンリが僕に言った。『ロブ、交代するのは君みたいだよ』ってね。第4審判が7という数字を電光掲示板で掲げているのを見たとき、『おかしいよ。なんで僕なんだ?』と言った。交代するとき、アーセンにとんでもなくキレていたから彼の顔すら見なかったね。監督も僕を見なかった。彼は僕が怒っているのを理解していたからね。その夜、決して眠りにつくことはなかった。キャリアで最も悲しい瞬間だったんだ」

もちろんヴェンゲルとの6年間はかけがえのない日々だったとも付け加え、“絶対に忘れることのできない恩師”と評したピレス氏。偉大なベテラン監督とレジェンドの間には我々の想像を超える絆が確かに存在しているようだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/2(日) 19:00

theWORLD(ザ・ワールド)