ここから本文です

ダイアナ・キング、大阪で年越しライブ

Lmaga.jp 10/2(日) 8:00配信

映画『バッドボーイズ』の主題歌『シャイ・ガイ』で世界的大ヒットを巻き起こしたレゲエクイーンのダイアナ・キングが、「ビルボードライブ大阪」(大阪市北区)のカウントダウンを飾ることが決定した。

ジャマイカ・スパニッシュタウン生まれのダイアナ・キングは、5歳の頃から教会で歌い始め、アレサ・フランクリンやチャカ・カーンといったアーティストに憧れて、13歳で夢を追って家出。キングストンのクラブや観光地のホテルで歌の上手さが評判となり、シャバ・ランクスのバック・コーラスを経て、1993年に映画『クール・ランニング』のサントラに収録された、ボブ・マーリー『ステア・イット・アップ』のカヴァーで注目を浴び、1995年にアルバム『タファー・ザン・ラヴ』で堂々デビューした。

同アルバムは日本でもミリオンセールを記録する快挙を成し遂げ、1997年には2ndアルバム『シンク・ライク・ア・レイディ』収録の『小さな願い』が、ジュリア・ロバーツ主演映画『ベスト・フレンズ・ウェディング』主題歌に。2002年にはマドンナのラブコールで彼女のレーベル、マヴェリック・レコーズから3rdアルバム『リスペクト』をリリース。2010年の4thアルバム『ウォリアー・ガール』では、あの『島唄』を英語カヴァーするなど、常に音楽シーンの第一線で話題とリスペクトを集めてきた。

アッパーなダンスチューンから都会的バラードまで、冴えたリズムとパンチの効いたシャウトで情感豊かに歌い上げるステージは圧巻。2016年を締めくくるにふさわしい熱狂と陶酔の夜となりそうだ(カウントダウンは2ndステージ)。チケットは10月21日から発売される。

文/井口啓子

最終更新:10/2(日) 8:00

Lmaga.jp