ここから本文です

柚希礼音「ゾンビを倒しました!」

Lmaga.jp 10/2(日) 19:00配信

元宝塚歌劇団星組トップスターの柚希礼音(ゆずきれおん)による、退団後初の主演ミュージカルとして話題の『ミュージカル バイオハザード~ヴォイス・オブ・ガイヤ~』。9月30日に東京で初日を迎えた彼女が、公開稽古の前にメディアの取材に応えた。

【写真】退団後ピンヒールに慣れ、女子力が増したという柚希

「バイオハザードと聞くと、終始戦っているのかと思われがちですが、この舞台作品は人間ドラマが描かれている。最大の見せ場はラストシーン。それ以外では、ダンスですね。稽古中毎日、全身が筋肉痛になるほど体を使っています」と話す柚希。以前、製作発表の場でゲームに挑戦してることを明かし「どうしても最初のゾンビを倒せない」と話していた彼女だが、「ゲームのうまい友人がやっているのを見ながら、倒すところを代わってもらって倒しました!」と、なんとか攻略したようだった。

そんな柚希が演じるのは、記憶を失いながらも、凛々しく、大胆不敵にゾンビに立ち向かうリサ・マーチン。原作が持つ壮大なスケール感はそのままに、歌、ダンス、アクション、そして芝居で魅了する。左右が前に張り出したステージは、スピード感あふれる殺陣のシーンなどで使われ、ダイナミックなセットや、スペシャルダンサーのYOSHIEとのコラボダンスも見どころ。大阪公演は、「梅田芸術劇場メインホール」(大阪市北区)で11月11日~16日まで開催。チケットはS席11,500円ほか、各プレイガイドで発売中。

最終更新:10/2(日) 19:00

Lmaga.jp

なぜ今? 首相主導の働き方改革