ここから本文です

竹内涼真、慣れない“食レポ”に戸惑い「期待を感じちゃって…」

クランクイン! 10/2(日) 10:50配信

 注目の若手俳優3人が、ロードバイクで日本各地を旅するDlifeのオリジナル番組『男子旅』が10月よりレギュラー化。レギュラー化を記念して、第1回目の放送に出演する矢野聖人、竹内涼真、福山康平がインタビューに応じてくれた。普段は俳優として、芝居に打ち込む彼らだが、慣れない旅番組への出演に対して竹内は「終始、素が出ていますよ。本当に3人とも自然体です。ごはんを食べるときも、メイクを直したりしないので、汗もめっちゃダラダラかいてます」と、爽やかな笑顔で、番組の魅力を語ってくれた。

【関連】矢野聖人、竹内涼真、福山康平インタビュー<フォトギャラリー>


 同じ事務所の先輩、後輩関係にあたる矢野、竹内、福山。「もともと知り合いだった」という3人が瀬戸内海に架かる「しまなみ海道」を旅する。ロードバイクを颯爽と乗りこなす3人の姿がまぶしく、最年少の福山は、「自転車に乗っているのが長かったんですけど、インカムで話したりして仲が深まったと思います」と、2人の先輩を笑顔で見やった。

 丸2日一緒にいることで、相当仲が深まったという3人は、インタビュー中も互いの質問の回答に突っ込んだりと、和気あいあい。旅を通じて印象が変わった人物については、「矢野くん」と、後輩の竹内&福山組がご指名。竹内は、「矢野くんのすっごいテンションが上がった瞬間を見られました。海に行ったときとか、結構上がってました(笑)」と嬉しそうに伝えた。印象的だった出来事について、竹内は「一番はイルカと泳げたことです!」と即答すれば、プライベートで海に行ったことがないというインドア派の矢野も、「イルカと遊ぶのももちろん初めてだったので、ちょっと海が好きになりました。この3人だったらまた行きたいなあ」と話し、自身の価値観をも変えた旅になった様子。

 また、ロケ慣れしていない3人とあって、普段の演技とは違うフィールドの“旅番組”という面での苦労もあったそう。矢野は、「食レポが…。最初に食べるとき、絶対カメラに寄られるんです。1回見せてから食べないといけない。普段芝居していてもやったことがないから、ドキドキでしたね」と言うと、2人も同意。竹内は、「ただ『おいしい』と言ってもカメラが動かないんです。次に何か言ってくれるんじゃないか、みたいな期待を感じちゃって」と、旅番組ならではの洗礼を受け、戸惑ったようだ。

 『男子旅』のテーマは「真剣に遊ぶ」こと。3人は普段、何をして仕事以外で真剣に遊んでいるのだろうか。竹内は、「今…遊んでいないです(笑)。ジムに行ってトレーニングをすることが好きで、休みの日も身体を動かしています」と、サッカー部出身の体育会系ならではといった、かなりストイックな休日を過ごしていた。矢野は「太陽とか日差しとか、アウトドア全般ダメだったけど(笑)、この間バーベキューに行きました!この番組でバーベキューをやって、行けるって気付いた!」とはしゃぎ、後輩たちから拍手が送られていた。最後に、この旅で最年少の福山は、「最近は将棋をさしています」と微笑み、2人から同時に「じじいか!」と突っ込まれていた。(取材・文・写真:赤山恭子)

 『男子旅』は全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、10月9日から毎週23時55分放送。

最終更新:10/2(日) 10:50

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]