ここから本文です

9位バトン、妨害を批判も「ウイリアムズに勝てて大満足」:マクラーレン・ホンダ マレーシア土曜

オートスポーツweb 10/2(日) 8:22配信

 2016年F1マレーシアGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは9位だった。

マレーシアでGP300戦目を迎えるジェンソン・バトン。お祝いのケーキにマッサが舌なめずり

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ジェンソン・バトン 予選=9位
 今日の予選は本当に楽しかったよ! 前とのタイム差が0.029秒っていうのは残念だが、悪くない結果だ。8位か9位をつかめそうだったけど、最終的に9位だった。この結果には満足している。 

 Q1ではトラフィックの問題に直面した。クイックラップのターン9入口でエステバン・オコンに引っ掛かり、ブレーキングを遅らせなければならなかった。予選でそんなことしなければならないなんて間違ってる。

 ターン14でルノーの後ろでダウンフォースを失い、小さなスピンをしたし、Q1は忙しかったね。

 昨日のプラクティスの後、マシンをかなり改善することができた。チームは素晴らしい仕事をしてくれたよ。今週末、快適に走れたのは、予選が初めてだった。 

 決勝ではいい走りを披露できるだろう。明日は周囲のマシンと戦うことができるはずだよ。できない理由はない。
 
(Q1のトラフィックについて語り)スピンしたけど、それをケビン(・マグヌッセン)のせいにすることはできない。ただ、計測ラップで何度もトラフィックに遭って、引っ掛かったのは彼で5人目だった。それでいらいらしていた。

 次のアタックでは前にオコンがいて、彼はターン9のブレーキング中、全くラインからどかなかった。アウトラップだったというのにだ。仕方なく僕はブレーキングを遅らせて、彼のインに入った。
 
 僕らのチームは、後ろから他のクルマが来たら、きちんとドライバーに教えてくれる。1秒ごとのカウントダウンでね。他のチームは、ちゃんと見ていないのか、ドライバーが聞いていないのか、どちらかみたいだ。
 
(F1iに対して語り)フォース・インディアの速さを考えれば、予選9位は悪くないよね。それにウイリアムズ2台に勝てた。明日も彼らとレースできるはずだよ。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/2(日) 8:23

オートスポーツweb