ここから本文です

ペレス「接戦のなか、完璧な予選を走れた」:Fインディア マレーシア土曜

オートスポーツweb 10/2(日) 6:31配信

 2016年F1マレーシアGPの土曜予選で、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは8位、セルジオ・ペレスは7位だった。

F1最新フォトコーナー

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 予選=8位
 今日の展開と、レースでのスターティングポジションにはかなり満足している。トップ3チームが前3列を独占した今回は、7番手と8番手が僕らに成し得る最高の結果だった。

 最終的に、僕のアタックラップは7番手につけられるほど良いものではなかったね。予選開始時点では快適に、良いリズムで乗れていたけれど、Q3になるとその感触を少し失ってしまった。コースが冷えたせいだと思うので、今夜原因を調べてみる。 

 それでも8番手は明日のレースをスタートするのに良い位置だ。トップ集団の後ろは接戦になるだろう。マシンを前方に留め、何かが起きたらそのチャンスを活かしたいと願っている。僕らが優先すべきはポイント圏内で走ることと、レースで最大限の結果を得ることだ。

セルジオ・ペレス 予選=7位
 自分たちのパフォーマンスにとても満足している。完璧な予選を走ることが非常に重要で、僕らはそれができたと思う。チーム全体の、とてつもない努力の結果だ。

 予選は全車のラップタイムがとても近く、全体が激しいバトルになっていて、僕もアタックするごとに最大限の力を出さなければならなかった。Q2最後のランで小さなミスをして、Q3進出を逃しかねなかったけれど、幸運なことに先に進むことができた。
 
 今日こういう結果を出せたことで、明日ポイント獲得をかけて戦える、いい位置をつかむことができた。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/2(日) 6:32

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。