ここから本文です

クビアト「速さがなくチームメイト同士で戦うしかなかった」:トロロッソ マレーシア土曜

オートスポーツweb 10/2(日) 7:00配信

 2016年F1マレーシアGPの土曜予選で、トロロッソのダニール・クビアトは15位、カルロス・サインツJr.は16位だった。

F1最新フォトコーナー

■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト 予選=15位
 楽な予選ではなかったよ。Q2には進出できて、クリーンなラップを走れた。でもペースが悪く、上位で戦うことが難しかった。

 カルロスと僕とは僅差だったけれど、正直に言うと僕らは互いに戦っていただけだった……。

 マシンにスピードがないため、状況はかなり厳しい。マシンからは最大限の力を引き出せたと思うけれど、僕ら向きのコースではないね。

 15番手は僕らが目標とするべきポジションではないとはいえ、これが今の僕らの位置だ。ロングランペースは悪くないが、ここでのオーバーテイクは難しい仕事になるので、明日の僕らに何ができるのか様子を見ていこう。 

 ただ、新しいアスファルトは様々なチャンスを与えてくれそうだ。これについては今夜、分析をしなければならない。簡単にはいかないだろうが、絶対にベストを尽くしてみせる!

カルロス・サインツJr. 予選=16位
 今日の予選は、グリッドポジションがコースレイアウトにどれだけ影響されるかを証明した……。前回、シンガポールの予選で僕らは6番手だったのに、2週間後は16番手だ。1周のうちに、どれだけの時間を全開で走るかに左右される。 

 正直に言うと今日は16番手よりも上を期待していたから、まったく満足ではないけれど、こういうときもある。受け入れて、改善を続けるしかないんだ。そうしなければ、シーズン末に厳しい状況に置かれることになる。

 明日はいつものように良いスタートを切って前進し、猛烈に攻めた走りをするつもりだ。そしてどこまで行けるかを見てみるよ。レースを活気づけるような雨も歓迎だ!

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/2(日) 7:34

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。