ここから本文です

ロズベルグ「4度のチャンピオンからTボーンクラッシュを食らうなんて」

オートスポーツweb 10/2(日) 20:06配信

 メルセデスのニコ・ロズベルグが、マレーシアGP決勝スタート直後の1コーナーでのアクシデントについて、セバスチャン・ベッテルを非難した。

2016年第16戦マレーシアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)、エンジントラブルでリヤから出火

 2番グリッドからスタートしたロズベルグは、5番グリッドから上位浮上を狙うベッテルにヒットされ、最後尾に落ちる結果になった。そこから挽回を図らなければならなかったロズベルグは、タイトル争いのライバル、ルイス・ハミルトンのリタイアもあり、3位でフィニッシュ。ベッテルはサスペンションにダメージを負い、リタイアに終わった。
 
「4度のワールドチャンピオンからTボーンクラッシュをくらった。制御不可能だった」とロズベルグ。

「ターン1の(アクシデントの)後、『ああ、終わった』と思った。表彰台が可能だなんて思わなかった。だからここまで挽回できたことはうれしい」

「あの瞬間は最悪だった」

 トップ走行中のハミルトンはパワーユニットのトラブルのためリタイア。それによりロズベルグは、チャンピオンシップのリードを拡大する結果になった。
  

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/2(日) 20:09

オートスポーツweb