ここから本文です

ベッテル、ロズベルグに謝罪。「フェルスタッペンに寄せられて……」

オートスポーツweb 10/2(日) 20:52配信

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、マレーシアGPのアクシデントについて、ニコ・ロズベルグに謝罪した。

2016年第16戦マレーシアGP ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が接触されスピン

 2番グリッドからスタートしたロズベルグは、5番グリッドから上位浮上を狙うベッテルにヒットされ、最後尾に落ちる結果になった。ベッテルはサスペンションにダメージを負い、リタイアに終わった。

 ベッテルはマックス・フェルスタッペンをオーバーテイクしようとイン側に入り込んだが、彼らより前でアウト側からコーナリングしていたロズベルグに接触した。

 ベッテルは接触を避けるすべはなかったと主張している。

「僕はターン1入口でマックスを抜こうとしていた。前方のニコは別のラインを取っていた。彼にはその権利がある。でも不運にも僕らは接触した」とベッテル。

「僕はイン側にいたが、行き場をなくしつつあった。できるだけ避けようとしたけど、僕には接触を避けることはできなかった」

「彼(フェルスタッペン)と同じ場所でブレーキングした。彼は僕をイン側に向かって押し出すようにしてきた。彼はレースをしていたのだし、ふたりともコーナーを無事に曲がれれば、それでも問題なかった」

「でも彼はラインを何度も変える。それは誰もが知っている」

「イン側にどんどん寄せられていくと、ターン1に向けて正しい角度が取れなくなる。僕はきちんとターンインして、コーナーを回ろうとしていた」

「別にブレーキングを大幅に遅らせたわけじゃない。でもニコがルイスと戦うために切り込んできた」

 ベッテルは、ロズベルグには何の非もないと謝罪している。
「彼には僕が見えなかった。だから彼は何も悪くない」とベッテルが述べたとPlanetF1が伝えた。
「彼には謝ることしかできない。彼は何もしていないのに、最も起きてほしくないことが起きたからだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/2(日) 21:29

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]