ここから本文です

ホンダF1「鈴鹿に向け心強い結果。ライバルと戦いダブル入賞」/マレーシア日曜

オートスポーツweb 10/2(日) 21:35配信

 2016年F1マレーシアGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは7位、ジェンソン・バトンは9位だった。

GP300戦目を迎えるジェンソン・バトンを祝福するアロンソ、リカルド、エリクソン、バンドーン

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 今日はドライバーふたりがコース上でたくさんのバトルをしながら、素晴らしい走りをしてくれて、とてもうれしく思います。チームも堅実な戦略を用意し、そのおかげで2台そろってポイントを獲得することができました。いい仕事をしたと思います。

 レース中、最初から最後までウイリアムズやフォース・インディアと強力に戦いました。彼ら4台すべてに勝つことができなかったのは残念ですが、今日のレースペースはとても優れていたと思います。ホームグランプリの鈴鹿に向けて、心強い結果を出すことができました。

 ジェンソンにとってはバーチャルセーフティカーのタイミングは不運でした。それでも彼はとてもいい走りをし、一貫したレースペースを発揮し続けました。
  
 フェルナンドはいつもどおり見事なスタートを決め、攻め続けて順位を上げていき、最終的には7位でフィニッシュしました。スパ・フランコルシャンと同様に見事な結果です。

 今日の立派な走り、そしてダブル入賞は、マクラーレン・ホンダにとって大きなモチベーションになります。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/3(月) 0:15

オートスポーツweb